1. 目的
  2.  この規定は、本会が実施する山行などの活動において、その安全を確保するために必要な事項について定めている。

  3. 範囲
  4.  この規定にいう活動の範囲は、各会員の自宅出発から帰着までの間とする。

  5. 責任
  6.  会員の活動はすべて自己責任の下に行うことを基本とし、責任を他に転嫁してはならない。

  7. 山行
    1. 交通手段
      1. 集合地から目的地までの間の移動は、できるだけ公共交通機関を利用する。
      2. 公共交通機関の利用が困難な場合などにおいて、マイカーに乗り合わせて移動する場合には「マイカーの利用に関する規定」に従い、実施する。
    2. 山行
      1. 山行下見
        1. 担当リーダーは原則として山行実施前に下見を行うこと。
        2. 人員は、原則としてチーフリーダーとサブリーダーの2名とし、必要に応じて3名まで可能とする。4名以上必要な場合は、山行部長の承認を得ること。
        3. 回数は原則1回とするが、必要に応じて2回以上可能とする。
        4. 費用は、マイカーは必要台数分、電車などは参加人員それぞれ全額とする。
      2. 担当リーダーは参加者の技量や経験などを踏まえて、所定の山行届を作成し、参加者、山行部長(または留守本部)、会長に提出する。また山行終了報告を行う。
      3. 担当リーダーは諸条件から山行の安全実施に疑問を感じた時は、山行部長と相談し結論を出す。
      4. 山行中は常にリーダーの指示に従い、互いに万全の注意を払って行動する。
      5. 気象条件、登山道の状況から危険が予知されるときは、山行を中止もしくはルート変更などの措置をとる。
      6. 会員に負傷者や体調不良者が出た場合には、必要な措置をとるとともに、状況によっては山行を中止する。
  8. 保険への加入
    1. 会員は、山岳保険に必ず加入しなければならない。
    2. 保険の内容は山岳登攀(ピッケル、アイゼン、ザイルなど、それに類する道具を使用、またはそれに準ずる運動危険行為)、岩登り、沢登り、雪山や残雪の登山、ヤブ漕ぎ登山などを対象とした山岳登山用のもので、かつ個人賠償と遭難捜索費用に対応したものを原則とする。
  9. 応急手当など
  10.  山行中に万一事故が発生し負傷者が出たときは、直ちに応急手当をするとともに、必要な場合には関係部署に速やかに連絡する。

     救急活動などの初期費用として、会長の証人のうえで対策基金から支出できるものとする。対策基金の金額は、総会毎に決定する。

  11. その他
  12.  会員は、この規定の内容を同居家族に伝達しておくこととする。



    1. この規定は、平成9年6月14日から実施す。
    2. 平成18年4月1日付で一部改訂。
    3. 平成19年4月1日付で5.(2)及び7.を追加する。
    4. 平成22年4月1日付で6.の2行(救急活動など…… 〜 ……総会毎に決定する。)。
    5. 平成26年3月8日付で4.(1)Aを「マイカーの利用に関する規定」遵守に集約。
    6. 平成26年3月8日付で4.(2)A、Bを追加。